自由への扉

フリーダムに生きていくための心の処方箋ヲお届けします

自由への扉
Pocket
LINEで送る

冬の旅行にカップルで絶対に行きたくなる、おすすめの場所10選!

2018年10月03日
Pocket
LINEで送る

 

 

冬は寒くて旅行には敬遠されがちな季節ですが

 

冬にしか楽しめないことや

 

冬にしか食べれないものはたくさんあります。

 

寒い冬は彼・彼女と一緒にあったか~い温泉や

 

冬に人気の温泉宿に泊まりに出掛けるのもいいですね^^

 

1、札幌(北海道)

 

 

冬らしいイベントとグルメを楽しみたい方には、

 

札幌への国内の旅行がおすすめです。

 

札幌の冬のイベントといえば、やはり札幌雪祭りで、

 

今や国内外から200万人以上訪れる札幌の冬の一大イベントが有名ですよね。

 

雪の彫刻は見るだけで興奮しますが、

 

それだけではなくて、スケートリンク、そりを楽しめる所や、

 

屋台もありますので、家族連れには最適の国内の旅行先です。

 

また冬の北海道はタラバガニやマグロやエゾシカ肉など

 

冬しか食べれないグルメの宝庫ですので、

 

グルメ三昧な旅行を楽しみたい方にも最適な旅行先となっております。

 

アイスヴィレッジは、北海道にある星野リゾート・トマム内に冬だけ現れる氷の世界。

「氷の教会」「氷のホテル」「氷のストリート」「氷の広場」

 

という4つのエリアからなり、中でもカップルにおすすめの「氷の教会」は、

 

祭壇やバージンロードまですべて雪と氷でできた神秘的なムードが魅力です。

「2人の想いが途切れなく続きますように…」という願いを込めて、

 

継ぎ目のない1枚の巨大な氷から作られているところも注目ポイント。

 

カップルで訪れれば盛り上がること間違いなしですね♪

 

【所在地】
星野リゾート・トマム アイスヴィレッジ
北海道勇払郡占冠村中トマム

【営業時間】
午後5:00~午後10:00

【定休日】
営業は冬季のみ

【入場料】
無料

【アクセス情報】
・車
道東自動車道トマムIC 約5分

【電話番号】
0167-58-1111

 

 

2、沖縄

 

 

沖縄といえば夏に行くべき!と思う方も多いかもしれませんが、

 

実は冬の沖縄はオススメの穴場観光地なのです。

 

夏に比べるとかなり安い値段で行くことが出来るのはもちろん、

 

夏よりも冬のほうが海の透明度が高いので、

 

より美しい海を眺めることができます。

 

沖縄は冬でも平均気温が17度あり、

 

暖かい所への国内の旅行を考えてる方に人気があります。

 

台風が多く計画が立てづらいという欠点がありますが、

 

冬は気候も安定し暖かいので、

 

スキューバーダイビングなども十分楽しめます。

 

那覇は沖縄の中心地なのでショッピングや、

 

今はやりの沖縄カフェ、さらにビーチにも行けるため、

 

 

誰が、どんな目的で行っても楽しめるスポットがたくさんあり、

 

ふらりと一人で気ままに行っても十分楽しめる国内の旅行先になっています。

 

 

3、ハウステンボス(長崎)

 

 

カップルで行く冬の国内旅行でロマンチックなムードを

 

大切にしたいならハウステンボスがおすすめ。

 

世界最大級のイルミネーションを、

 

九州は長崎県佐世保市にあるハウステンボスで体験できます!

 

アンブレラのみちは圧巻です!

 

 

ハウステンボスの洋館が光で照らされているだけでも十分魅力的ですが、

 

それ以外に風車が品よく飾られていたり

 

ライトに照らされて花がより美しく見えたりするのも絶景ポイント。

 

 

ここでイルミネーションを見てしまうと

 

ほかではきっと満足できなくなってしまうはずです。

 

【所在地】
ハウステンボス
長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

【営業時間】
午前9:00~午後10:00
(光の王国は2017年11月3日~2018年5月6日)

【定休日】
なし

【入場料】
・1DAYパスポート
大人6,900円、中学・高校生5,900円、4歳以上4,500円

・光の街アフター5パスポート(午後5:00から)
大人4,800円、中学・高校生4,000円、4歳以上3,100円
※10/1~は+100円

【アクセス情報】
・電車
JR九州大村線ハウステンボス駅 徒歩約5分

【電話番号】
0570-064-110

 

 

4、出雲(島根)

 

 

冬の国内の旅行にパワースポット巡りをしたい方は、

 

出雲のスポットがおすすめです。

 

出雲といえば世界遺産にも登録され、

 

国内最大のパワースポットで、

 

縁結びの神社として有名な出雲大社があります。

 

出雲大社へは

 

カップルで行って末長い幸せを願ってもよし

 

友達同士で行って、縁結びが成就するように参拝してもいいですね。

 

加えて、出雲には温泉スポットの多数ありますので、

 

日頃の疲れもゆっくり取れるスポットともなっております。

 

 

 

5、函館

 

 

空気が澄み、夜景がひときわ美しく見える冬。

 

はこだてクリスマスファンタジーを筆頭に、

 

様々な冬ならではのイベントが開催されます。

 

はこだてイルミネーションは、約5万個のイルミネーションで

 

街の観光スポットが美しく彩られます。

 

函館駅前から開港通り、歴史的な建物が建ち並ぶ元町の

 

教会や観光名所、八幡坂などの坂道がイルミネーションで輝きます。

 

八幡坂は、映画のロケなどでも有名で、坂の上から函館湾を一望でき

 

 二十間坂は、道幅が約36m(二十間)もある坂です。

 

また、冬の夜空を彩る函館海上冬花火も開催されます。

 

五稜郭では、五稜星の夢 イルミネーションが美し

 

6、長野県かまくら村

 

 

長野県飯山市で、1月下旬より1ヶ月限定で雪原にレストランかまくら村が登場します!

 

長野県飯山市は、国内でも降雪・積雪が多い地域です。

 

夏の間は水田として利用されているところに地元のお父さん

 

たちによって結成された「かまくら応援隊」が、力を合わせて

 

15基のかまくらを制作し、「かまくらの里」に変身しています。

 

出来上がったかまくらは、毎年

 

1月下旬から2月下旬までの約1ヶ月間レストランかまくら村として営業しています。

 

かまくらの中は大人なら5名が入れるほどの大きさ。

 

入口が広くないので防風効果もあり、家族で、友人同士で、

 

周りを気にせず雪の個室を楽しむことができます。

 

ここでいただくことが出来る料理は信濃平名物「のろし鍋」

 

 

上杉謙信ののろし台が名前の由来とされ、地元産のきのこや野菜と、

 

ブランド豚の「みゆきポーク」をふんだんに入れたみそ仕立ての鍋です。

 

そして、飯山産のおいしいコシヒカリで作ったおにぎりがセットになっています。

 

 

7、蔵王(山形)

 

 

冬にしか見れない自然の美しさを見たい方には、

 

蔵王(ざおう)への国内の旅行をおすすめします。

 

特別な気象条件や樹木の存在が生み出す樹氷は、

 

国内ではわずかな所しか見ることができませんので、

 

広大な樹氷原に広がる樹氷の美しさに、

 

その寒さも吹き飛ぶこと間違いありません。

 

冬限定のスキーやスノボを楽しみたい方にも、

 

蔵王のスポットはおすすめの旅行先で、

 

樹氷の間を駆け抜けてスキーやスノボを

 

楽しむことができるゲレンデはなかなかありませんよね。

 

スキーやスノボを楽しめない方でも、

 

蔵王温泉がありますので、雄大な自然を楽しんだ後は、

 

 

温泉にゆったり浸かれる所もいいですよね。

 

アクティブに冬のスポーツを楽しみたい方にも、

 

しっとり静か自然を楽しみたい方にも

 

おすすめな国内の旅行先になっています。

 

 

8、津南雪まつり

ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」

 

で一気にタイのコムローイ祭りが注目されましたよね。

 

でも実は日本にも空一面のスカイランタンが見られる

 

場所があるというのを知っていましたか?

 

新潟県津南町では冬に津南雪まつりというイベントが行われており、

 

そこでスカイランタンの打ち上げが見られます。

 

淡く優しいオレンジ色のスカイランタンの灯りがゆっくりと

 

空に舞い上がっていく様子を見ると、映画の中の世界

 

に自分もいるような気持になれるはず。

 

冬にしかできない体験を国内旅行でしたいカップルや、

 

写真好きのカップルには特におすすめの旅行スポットです。

 

 

9、白川郷

 

 

冬の雪がしんしんとつもる白川郷は日本らしい魅力を

 

堪能できるのでカップルの国内旅行におすすめ。

 

世界遺産にも登録されているこちらの村は昔ながらの

 

美しい日本の風景が広がっています。

 

冬の2月頃は毎年夜間のライトアップが行われ、

 

幻想的な風景を楽しめるのも嬉しいところです。

 

【所在地】
白川郷
岐阜県大野郡白川村荻町

【アクセス情報】
・バス
JR東海高山本線高山駅発 白川郷行き
白川郷バス停 徒歩約5分

・車
東海北陸自動車道白川郷IC 約5分

【電話番号】
05769-6-1013

 

10、なばなの里(三重県)

三重県桑名市にある「なばなの里」では、

 

プロジェクションマッピングを使用しない“

 

電球のみ”にこだわったイルミネーションで毎年話題を呼んでいます。

 

年ごとにテーマが変わっていくので、行くたびにまたガラリと

 

雰囲気の違うイルミネーションを楽しめるところもポイントのひとつ。

冬季以外は国内最大級の花のテーマパークとしても有名で、

 

イタリアンに和食に地ビールに…と、園内のレストランも充実しています♪

 

【所在地】
なばなの里
三重県桑名市長島町駒江漆畑270

【営業時間】
午前9:00~午後9:00
(イルミネーションは2018年10月13日~2019年5月5日)

【定休日】
なし

【入場料】
・イルミネーション期間中
小学生以上2,300円(園内で使える金券1,000円分付き)

【アクセス情報】
・電車
近鉄名古屋線長嶋駅 直通バス約10分

・車
東名阪自動車道長島IC 約10分
伊勢湾岸自動車道湾岸長島IC 約15分

【電話番号】
0594-41-0787


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です