自由への扉

フリーダムに生きていくための心の処方箋ヲお届けします

自由への扉
Pocket
LINEで送る

なぜ航空券は高いのか、これで納得!知って損なし、航空券が高いわけ。

2018年08月18日
Pocket
LINEで送る

 

どうして航空券ってこんなに高いんだろうって

 

思ったことありませんか?

 

航空会社はどのようにこの値段を設定して

 

いるのかを表しているものの

 

その理由を知ってもお金を節約できるわけではありません。

 

というわけで空飛ぶテクニックもお伝えしていきます。

もう飛ぶ準備は万端という方はで教えてくださいね。(笑)

 

燃料費26%

 

 

もしかしてあなたはまだ飛行機が魔法の力で

 

飛んでいるだなんて思っていませんよね。

 

飛行機はジェット燃料を使います、これが航空券が高い要因の一つなのです

 

飛行機が使う燃料は、そのタイプに応じて変わってきますこの情報は

 

台北航空会社が航空機メーカーのウェブサイトに掲載されています。

 

飛行機の燃料がどれほど高いかと言いますと10時間

 

のフライトにはジャンボ機は、

 

約70トンの燃料を要します、そして、これは約425万円ですのでとても高いですよね。

 

乗客サービスと荷物サービス26%

 

 

機内での乗客サービスには食事水ブランケットエンターテイメントなどが含まれます

 

そして荷物サービスは荷物を飛行機に乗せ喜来登飛行場において

 

保管し郵送することです、また、その他コールセンター Web サイト、

 

統計やカスタマーサービスなども考慮してくださいまだ飛行機を飛ばす

 

こと自体離陸の準備安全のチェック飛行機の駐機など大変お金がかかります。

 

航空機サービス16%

 

これは飛行機の保険屋小規模な修理のことですこれには概して

 

ペインティングや定期的な保守点検も含まれることもあります。

 

給料10%

 

もちろんパイロットや、CA(キャビンアテンダント)、その他のスタッフなどを航空会社の従業員にも

 

重労働の見返りを支払わなければなりません。

 

減価償却率とリースー8%

 

減価償却とは時間経過による老朽化とまそんのため飛行機自体の

 

減価が徐々に減少することです。

 

もし飛行機が資産であればこれらの費用は所有者が賄わなければなりません

 

でももし飛行機がリースされたものならその時飛行機

 

を使っている人、つまりあなたが支払わなければなりません。

 

このリースは航空リースと言ってとても一般的に行われていることです。

 

広告費と事務費5%

 

 

これは航空会社がマーケティング、プロモーション、税金や、その他の出品にあてる費用です。

 

この費用は航空会社が所在する国の状況によって変動します。

 

航空管制料と気象支援9%

気象状況は、フライトスケジュールに影響を与え深刻な問題さえ引き起こします、

 

そこで気象庁と連携を取り、天候によるリスクやフライト条件を最小限に抑えます

 

フライト中の飛行機の経過を追うこと、そして、空港への支払いも

 

航空券代の最後の9%に含まれています。

 

航空券代に含まれている様子をすればなぜこんなに値段が

 

高いのかが理解できるかと思います。

 

そこを少しでもお金を節約したいところですよね、ここまでお伝えしたコストは

 

どうすることもできませんが、次のことをすれば安くできますよ。

 

比較サイトを利用する

 

あなたもきっと,,オービッツ(ORBITZ)、カヤク(KAYAK)、

 

トラベロシティ(Travelocity)、プライスライン

 

などを聞いたことがあるんではないでしょうか。

 

これら値段の比較サイトは情報収集サイトとして知られ、インターネットに出ている

 

一番お得な値段を見つけるのに役立ちます。

 

これらのサイトが異なる航空会社のフライトをきかくし、あなたに空きのある

 

フライトのリストを提示します、これが基本的には最も簡単で最安値の航空券を

 

見つけるのに信頼のおける方法です。

 

でも、ひとつだけのサイトだけを参考にしてはいけませんよ・・大事!

 

彼らは皆それぞれ結果の分類方が違っているので情報収集サイトは

 

何社か使ってみた方がいいでしょう。

 

値段の違いは航空券の定価の2%から7%ほどにもなります。

 

その上これらのウェブサイトにはたくさんの便利な機能があります!

 

メール登録すれば最安値やボーナスその他かなり節約できる

 

お買い得情報などが届けられます。

 

正しい曜日に飛ぶ

 

多くの航空会社は出発する曜日により航空運賃を変えています。

 

たいてい最も安いのは、火曜日と水曜日と木曜日です。

 

金曜日から日曜日そして祝日は、運賃は高くなります。

 

日付を変更してみる

もしあなたが特定の日付にこだわらないのであれば出発日と到着日を少しずらしてみましょう

 

3日や5日、7日の違いで値段が下がったりするのです。

 

比較サイトによっては、こうした値段の違いが一目でわかる特別なカレンダーがあります。

 

そして、あなたが特定の月のどこかの時点で旅行をしたいというように

 

日付が多少前後しても構わないようでしたら、このカレンダーを使ってみましょう。

 

これでその月に売り出されているで航空券の値段を見ることができます。

 

まとめ

 

私も実際、飛行機はもう20回以上利用させていただいております。

 

航空券は本当に1日ずれるだけで、値段がぜんぜん変わるときがおります。

 

なので、往復航空券などで2~3万円変わる場合があります

 

同じ場所に行くのに、こんなにも違うと色々調べる価値はありますよね?

 

長くなりましたが、あなたが買う航空券には、いろんなことが含まれているので

 

少し値段がするのです、勘違いをしてはいけませんよ

 

その方々のおかげで、私達は海外や国内旅行に行けるんですから。

 

航空会社さんにも感謝の気持ちをもって、気持ちよ旅行しましょうね^^

よい旅を!そして、

 

よいライフスタイルを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です