自由への扉

フリーダムに生きていくための心の処方箋ヲお届けします

自由への扉
Pocket
LINEで送る

ウルトラマンと沖縄の関係性はとても深かった?ウルトラマンは沖縄出身⁉

2018年09月04日
Pocket
LINEで送る

 

みなさん沖縄といえば何をイメージしますか?

 

青い海、青い空などを思い浮かべませんか?

 

意外な事に沖縄と「ウルトラマン」の関係が深い事は存じでしょうか?

 

 

沖縄といえば?と聞かれて「ウルトラマン」と即答する方は、

 

ほとんどいないんじゃないかと思いますが、その深い関係と

 

謎について紹介したいと思います。

 

金城哲夫さん

 

正義のヒーロー・ウルトラマン。昭和41年の放送以来、

 

大人から子供まで魅了し続けている。

 

“ウルトラマンをつく創った男”

 

と言われる脚本家・金城哲夫は、沖縄出身の青年だった。

 

金城哲夫さん、日本の脚本家でウルトラマンの生みの親と言われています。

 

沖縄県島尻郡南風原町出身(現在は南城市)の生粋のうちなーんちゅが、

 

皆さんが知っているあの想像しているウルトラマンを作りだしたのです。

 

ヒーローが必要なんだよ、金城君。

ヒーローが必要なんだ、 ヒーローが・・・・・

 

 

 

金城哲夫が生みだした、ウルトラマンの顔は沖縄の海で見た

 

「ホヤ」から作られたと言われています。

ウルトラマンの故郷であるM78星雲という星も、

 

Mが南そして78が那覇だと言われています。

 

特に怪獣には多くの沖縄の要素が盛り込まれています。

 

「チブル星人」のチブルは沖縄の方言で頭を表します。

チブル星人は頭がデカいです。

 

 

「ザンパ星人」は泡盛の残波や残波岬という所からきています。

 

 

ウルトラセブンのキングジョーはまさに金城から。

怪獣大戦争に登場した鳥居哲男ウルトラマンティガの

 

シンジョウ隊員の下の名テツオも。

 

完全に才能が開花した金城哲夫はその後も、「怪獣ブースカ」

 

「ウルトラマンセブン」と誰もが知ってるヒーロー作品を生みだしました。

 

 

 

「ウルトラマンティガ」で出てきた「怪獣ヤナカーギー」

沖縄の方言でブサイクを意味します。

 

 

「ウルトラマンダイナ」では「怪獣チュラサ」沖縄の方言で美しいなど、

沖縄とウルトラマンは深い関わりがある事がわかりますね。

 

どの怪獣の名前もうちなーんちゅならすぐにピンときますが、

 

沖縄の方言がわからない県外の方は理解が難しいです。

 

 

沖縄の南風原町津嘉山にある金城哲夫の生家に行く事が出来ます!

現在は「金城哲夫資料館」となっている。

 

大学を卒業後、『ゴジラ』シリーズの特技監督であり“特撮の神様“

 

として知られる円谷英二氏と出会い、円谷プロに入社。1966(昭和41)年1月、

 

メインライターとして空想特撮シリーズ『ウルトラQ』を世に送り出します。

 

同作は、それまで映画でしか見られなかった怪獣がテレビで毎週観られるということで、

 

たちまち子どもたちの人気を博しました。同年7月には正義のヒーロー

 

が怪獣や宇宙人と対決する『ウルトラマン』を送り出し、さらに翌年1967(昭和42)年

 

には、侵略宇宙人と対決する『ウルトラセブン』が放送され

 

、怪獣ブームはさらに加熱していきました。

 

 

その生家は現在「松風苑」という沖縄の食材を使った懐石、

会席料理が楽しめる料亭となっています。そして、

 

金城哲夫資料館

金城哲夫が書斎として使用していた部屋はそのままに「金城哲夫資料館」

となっていて事前予約をすれば見学する事が可能なので、

 

ウルトラマン好きにはたまらない空間となっています。

 

名称 金城哲夫資料館
主催 南風原町字津嘉山1384番
お問い合わせ 098-889-3471
営業時間 11:30~17:00(要予約)
料金 無料
定休日 12/31
駐車場 有り

 

 

神里ふれあい公園

 

なぜ公園にウルトラマンがいるかというと、

 

南風原町はウルトラマンの生みの親

 

である金城哲生さんが育った町だからです。

 

 

まとめ

 

私は沖縄とウルトラマンが関係があったことはつい最近

 

ニュースで知りました。

 

沖縄人なのに、あんな有名なウルトラマンが沖縄人が生みの親

 

なんて、子どもの頃よく見ていたのに全然知らなかったことが

 

恥ずかしいです。

 

 

この金城哲夫資料館はウルトラマンの聖地なので、一度足を運んで

 

みてはいかがでしょうか。

 

子どもの頃の懐かしい気持ちが蘇ってきますよ。

 

お子さんがいるのであれば、一緒にいくのもいいですね。

 

お子さんがウルトラマンが好きならなおさらですが

 

ウルトラマンを見たことがなくて、わからなくても

 

お父さん達の時代のウルトラマンというヒーローわな・・・

 

なんて会話をしたら話がはずむんじゃないですか?

 

子供はヒーローとか正義感のあるものが好きでしょうから。

 

 

これを機にお子さんもこれで見てくれたら幸いです。^^

 

では良いライフスタイルを!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です