自由への扉

フリーダムに生きていくための心の処方箋ヲお届けします

自由への扉
Pocket
LINEで送る

秋・冬といえば温泉!カップルでも絶対に行って損なし、おすすめ温泉10選

2018年10月10日
Pocket
LINEで送る

 

今年も寒くなってきましたね^^

 

こんな寒い時期に温泉に入ったら

 

気持ちいいですよね

 

1、別府(大分)

 

 

寒い冬の国内旅行では温泉に入ってゆっくりしたいと思っている方には、

 

別府のスポットがおすすめです。

 

源泉数、湧出量ともに国内で一位を誇る別府には、

 

非常に多くの温泉があり、

 

街の至る所で湯煙が上がります。

 

砂湯、泥湯や蒸し湯など、少し変わった温泉もありますので、

 

温泉三昧の国内旅行に行きたい方にはとてもおすすめです。

 

その他にも自然動物園などもあるので

 

家族連れにも人気のスポットともなっております。

 

湯布院温泉

 

雰囲気重視ならここ!

 

 

大分県中部にある別府温泉。

 

情緒溢れる街並みが人気の秘密。

 

湯布院の定番観光スポット湯の坪街道では、

 

食べ歩きを楽しみつつ、風情溢れる景色を楽しめます。

 

湯布院温泉と別府温泉は車で30分ほどの距離なので、

 

1泊2日でも十分に楽しむことができます。

 

別府温泉の地獄巡りは、キレイな景色と

 

自然の壮大さを楽しむことができます。

 

大分空港からも近いので、関東圏からでも

 

1泊2日の旅行が楽しめますよ!

 

2、蔵王温泉(山形)

 

蔵王温泉(ざおうおんせん)は、西暦110年開湯と言われ1900年の歴史を持つ、

 

山形県(旧出羽国明治以降は羽前国

 

山形市南東部、蔵王連峰の西麓にある温泉

 

標高880mに位置し、古くは高湯(たかゆ)と呼ばれた。

 

同県の白布温泉福島県高湯温泉と共に奥羽三高湯の一つに数えられる。

 

国内有数の規模を誇る蔵王温泉スキー場を併設しており、

 

冬季はスキー客などでも賑わっている。

 

蔵王温泉のお湯は、日本有数の強酸性の硫黄泉。

 

湯の成分が肌の脂分を洗い流すことから「石鹸いらずの湯」とも呼ばれているとか。

 

渓流のせせらぎを聞きながら入る温泉は、なんとも贅沢ですよね。

 

大自然の中の大きな露天風呂で、身も心もリフレッシュしましょう。

 

蔵王温泉大露天風呂

住所/山形市蔵王温泉荒敷853-3

利用料金/大人550円、小人(12歳未満)300円

アメニティグッズ/無し

営業時間/6:00~19:00(最終受付18:30)

定休日/特に無し ※但し冬期間(11月下旬から4月中旬頃)は休業。

また、天候により休止の場合あり。

貸切/無し

露天/有り

サウナ/無し

 

 

3、箱根(神奈川)

 

箱根といえば関東の温泉リゾートとして有名ですが、

 

多くの美術館やレストランもあるので、

 

家族連れの方にもおすすめなんです。

 

晴れた日には遠くに芦ノ湖と一緒に富士山が望めることができ、

 

思わずその美しさにため息が出てくること間違いありません。

 

貸切個室温泉などの設備も充実しているので、

 

カップルで行っても楽しめること間違いなしの国内の旅行先となっております。

 

まずご紹介するのは、山と谷、空と温泉が一体となる絶景露天風呂”

 

インフィニティ風呂”のある、箱根小涌園 天悠。

 

箱根登山鉄道「小涌谷」駅から、国道1号線所謂東海道を

 

少し歩くと道沿いにあります。温泉テーマパークとしてファミリー

 

にもカップルにも大人気の箱根小涌園ユネッサンは、

天悠の目の前です。2017年4月に開業した、

 

全室に温泉露天風呂がある、迎賓館のような内装に満足度も

 

期待度もはねあがります。館内ではアクティビティとして

 

ヒーリングヨガ教室や箱根の名物、寄木細工を体験できる天悠寄木工房

 

寄木はし置きづくり体験、プライベートの陶芸体験など、

 

温泉だけではないエトセトラが充実!1泊以上で温泉地だけに、

 

湯ったりと過ごしたいですね。

■箱根小涌園 天悠

・住所:〒250-0407

神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297(MAP)

・電話:0460-82-5111(受付 9:00~20:00)

 

4、強羅温泉(神奈川)

 

「強羅温泉(神奈川)」。

 

箱根で最大の標高にある内輪山の神山の斜面にある温泉です。

現在、源泉数は46か所で泉質は3種類と多く、

 

五色に変化する温泉として知られています。

 

お湯は塩分を多く含み、神経痛や筋肉痛に効果があるといわれています。

 

また五色それぞれ効能が異なり、淡い黄色の湯は肌が

 

すべすべになると言われています。周辺観光も種類が豊富で、

 

秋には仙石原のすすき草原や強羅公園の紅葉などがあります。

 

 

 

5、黒川温泉(熊本)

黒川温泉の「湯あかり」は、冬の竹灯りイルミネーションイベント。

 

開催期間は例年12月下旬から3月末まで。点灯時間は日没から22時まで。

 

2017年-2018年度の開催日程は、2017年12月22日から2018年4月1日です。

 

点灯時間前に行って、点灯から見るのが断然おすすめ。

 

日の入り時間を過ぎて暗くなるにしたがいイルミネーション

 

が明るく輝き出す絶景を、一部始終眺めれば感動もひとしおです!

 

一般的なイルミネーションは電球やLEDの点光源ですが、

 

黒川温泉の「湯あかり」は竹筒や竹細工がライトに照らされて一層美しく、

 

ライトアップの要素もあります。寒い中大勢の人が見物に来る、

 

黒川温泉の、冬の風物詩です。

 

メイン会場は共同浴場の「穴湯」前(写真)で、

 

温泉街中央の橋の上が絶好の観覧場所になります。

 

場所は写真右下の「地図を見る」をクリックすると、

 

撮影場所の地図が表示されます。他にもサブ会場が温泉街

 

に二つある坂の周辺に点在し、メイン会場への行き帰りに見ることが出来ます。

 

【所在地】
黒川温泉
熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉川端通り

【営業時間】
日暮れ~午後10:00

【定休日】
営業は冬季のみ

【鑑賞料】
無料

【アクセス情報】
・バス
JR九州豊肥本線阿蘇駅発 九州産交バス
杖立温泉行き 小国ゆうステーションバス停 徒歩すぐ

・車
大分自動車道日田IC 約60分

【電話番号】
0967-44-0076

 

6、熱海温泉

温泉も海も楽しめる熱海!

 

新幹線の停車駅もあるので、車でも電車でも行きやすい便利な場所です。

 

車で行くカップルは、海沿いを2人でドライブはマスト!

 

海岸ギリギリを走る熱海ビーチラインからの夕焼けは絶景なので、

 

おすすめです!

 

日が暮れてからは海に映る月がとても美しいんです!

 

どの時間帯もいい雰囲気になること間違いないしです♪

 

二人っきりでゆっくりドライブを楽しんでみてはいかがですか^^

 

ホテルニューアカオ

 

熱海でおすすめしたいのがここホテルニューアカオ。

 

なんと言っても、ホテルから見える景色の美しさ。

 

夜景もきれいなんですよ。

部屋はなんと全室オーシャンビューです!

 

とくに露天風呂から見える景色には言葉を失うはずです。

 

癒やしを求める方には特におすすめしたいホテルです。

 

食事会場はオペラ会場のようで、ピアノやバイオリンなどの演奏を聴きながら、

 

食事を楽しめます^^

非日常を味わえる雰囲気抜群の宿です。

 

7、赤沢日帰り温泉館(静岡県伊東市)

 

パノラマすぎる海絶景に眩暈

 

海・空・湯船が一体になったインフィニティ感がスゴイと評判の湯。

 

まるで大海原に浮かんでいるような露天風呂のほか、

 

石を大胆に配置した内湯も◎

 

泉質/硫酸塩泉

営業時間/10時~22時(最終入館21時) ※繁忙期は9時~

定休日/なし ※1月・6月にメンテナンス休館あり

料金/中学生以上1550円、4歳~小学生850円

(繁忙期 中学生以上1900円、4歳~小学生1000円)

※4歳未満は大浴場入室不可

※タオル有(タオルレンタル無料)

 

赤沢日帰り温泉館
TEL/0557-53-2617
住所/静岡県伊東市赤沢字浮山170-2
アクセス/小田原厚木道路小田原西ICより1時間30分
駐車場/160台

 

8、金具屋(長野県山ノ内町)

 

国の有形文化財に登録された木造4階建ての建物は昭和11年(1936年)築。

 

宿泊者限定で文化財巡りもできる。

 

計8カ所の温泉は湯口も蛇口もすべて源泉100%掛け流し!

 

戦後の洋風文化の流行を採り入れ、昭和25年に造られた「浪漫風呂」

 

 

 

泉質/硫酸塩・塩化物泉
料金/1泊2食1万7280円~

歴史の宿 金具屋
TEL/0269-33-3131
住所/長野県下高井郡山ノ内町平穏2202
アクセス/上信越道信州中野ICより15分
駐車場/30台

9、大島温泉ホテル(東京都大島町)

 

離島&裏砂漠でトリップ感満載

 

東京から客船で約4時間の伊豆大島にあり、

 

地下300mから汲み上げた温泉をたたえる露天風呂からは、

 

原生林越しに雄大な三原山と裏砂漠が広がる。

 

 

泉質/単純温泉

営業時間/日帰り入浴6時~9時、13時~21時

定休日/なし

料金/中学生以上800円、

3歳~小学生400円、2歳以下無料

※フェイスタオル販売150円

 

大島温泉ホテル
TEL/04992-2-1673
住所/東京都大島町泉津字木積場3-5
料金/1万3110円~
アクセス/元町港・岡田港より各20分
駐車場/50台

 

 

10、草津温泉 (群馬)

最初におすすめする関東の温泉地は「草津温泉 (群馬)」。

 

草津は海抜1,200mの高原の町なので、夏の一番暑い時期でも平均17.5℃と低く、

 

関東でも有数の避暑地になっています。“チョイナチョイナ”の

 

草津節で有名な湯もみ唄は、草津温泉を代表する民謡となりました。

その歴史はたいへん古く、2000年前の古墳時代にさかのぼります。

 

有名なところでは、豊臣秀吉や徳川吉宗、小林一茶が入浴したと伝えられています。

 

泉質は酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉で

 

神経痛や筋肉痛に効能があります。

 

(一社)草津温泉観光協会〒377-1711

群馬県吾妻郡草津町草津28 草津温泉バスターミナル1F

電話:0279-88-0800 FAX:0279-88-0801

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です